リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146

リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146

12672円

リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146

リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146:私たちはファッションを愛するために存在しています。私たちは個性を高めることを信じています。 超格安価格,【おトク】,魅力的なリリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146

Miscellaneous

リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146

  • 辻邦生の文学がお好きな方、Facebookの辻邦生読者グループ「永遠の書架にたちて」にご参加ください。簡単な質問にお答えいただいた方がご参加いただけます。

J.S.Bach

世界が変わりゆく昨今、書くこともままならない日々が続いている感じがします。仕事柄、頭も心もデジタル。

そんな中で、先の週末にとある知り合いの音楽発表会に出かけました。そこで効いたのが、小学生が弾くバッハのシャコンヌ。パルティータ№2のあれ、です。

いやー、もちろん、演奏はそういうもんなんですが、その中に、深遠なバッハの世界が顕現していまして、その先にあるイデアールなものを見た気がしました。どんな演奏であっても、バッハはバッハであり、音楽は音楽だなあ、と思いました。

シャコンヌは、短いコード進行の変奏で、パッサカリアと同類なのですが、しらべてみると、新大陸とも関係する舞曲形式なんですね。わたしは、演奏を聴きながら、ブラームスの交響曲第4番を思い出していました。

しかし、あれですね、この曲全く知らない方は、結構つらかったんだろうなあ、とおもったり。このシャコンヌの構築美、それは、なにか、カタルーニャ美術館のような,何か少し異形で先鋭的な美しさ、グレコの絵画のような感覚を得るのですが、それを、何も知らず、かつ小学生の演奏で聴くというのは、なかなか大変だろうなあ、なんてことを思いながら、15分間、自らのバッハ経験をなぞりながら、演奏を聴き続けたのでした。

復習はヒラリー・ハーン。
バッハの無伴奏パルティータといえば、20年前に千住真理子さんの全曲演奏を青葉台に聴きに行ったなあ、ということを思い出しました。演奏会が終わったあと、近くのお店で千住さんを目撃したのを思い出したり。。

私は、世界の真実は、やはり芸術において現れると思ってます(菅総理大臣風)。政治や経済、戦争も確かに、生死に関わる問題として,世界の本質を占めているようにおもいますが、実のところ、それは流れゆく皮相なものでしかなく、普遍であり、かつ不変であるものが、芸術でなんでしょう。もちろん、その不変と普遍をかたるものが、宗教であり哲学なのかもしれませんが、それを、直接的に魂にアクセスするのが芸術なんだろう、と思います。これは、宗教の言説や、哲学論文においてなせるものではないのでしょう。この、直接魂にアクセスする、というのが、デュオニソス的ということなんだとも思います。

憂うことなく、ただただ、飴色の太陽の光を浴びて、バッハを聴き狂う日がきっと来る、と思いながら、そろそろ休もうと思います。

それではみなさま、おやすみなさい、グーテナハトです。

Miscellaneous

 








簡単注文フォームへ


商品名リリカラ &time アンドタイム
オーダーカーテン&プレーンシェード
COLOR PALETTE CP05
ボトムボーダースタイル
カーテン 形態安定加工
PLAIN TM-54135~54146
サイズカーテンを1cm単位でオーダーできます。
幅は、レール幅からゆとり分の1.05をかけてください。
丈は、カーテンの総丈をお知らせ下さい。
掃出し窓は、床に当たらないように1cm引いてください。
セットレースは、正面から裏のレースが見えないように、1cm短めの注文が一般です。
片開き
両開き
片開きのカーテンはご希望サイズが1枚です。
両開きはご希望サイズの半分のサイズが2枚です。

価格表以外のサイズをご希望の場合は、備考欄(ご要望欄)にお知らせください。
フックカーテン フックはアジャスターフックになります。
高さ調整が自由にできるので、購入後丈のも調整ができます。
ドレープカーテンはBフック(レールが隠れる位置)、レースはAフック(レールが見える位置)でお届けします。
備考
返品原則としてお受けできません。

オーダーカーテン+装飾レールがお買得!

日本最大級のオーダーカーテン直販店!無料お見積り大歓迎!オーダーカーテンと装飾カーテンレールのセット購入で、500円ゲット

カーテンのスタイルやデザインに合わせて、カーテンレールにもこだわってもらいたい...

装飾カーテンレールは、高品質のオーダーカーテンをより引き立たせてくれます。カーテンアクセサリーの房かけやタッセルと組合せれば、更にインテリアを楽しめます。

一般的な機能性レールには、光漏れ防止のカバートップをセットで節電・省エネ効果が得られます。厚地カーテンとレースの組合せ以外にも、ブラインドやロールスクリーン、シェード、 プリーツスクリーンなどとの組合せもおすすめです。

当店は、完全国内生産・カーテン縫製の日本メーカーサンゲツのオーダーカーテン・川島セルコンのオーダーカーテン・スミノエのオーダーカーテン・リリカラのオーダーカーテン・アスワンのオーダーカーテン・東リのオーダーカーテン・TOSOのカーテンレール・タチカワのカーテンレール・フェデポリマーブルのカーテンレールを激安価格で販売している、インテリアの日本最大級ネット通販店です。



ページ内検索生地品番一覧:TM-54135 TM-54136 TM-54137 TM-54138 TM-54139 TM-54140 TM-54141 TM-54142 TM-54143 TM-54144 TM-54145 TM-54146

窓周り関連キーワード:カーテン 通販 オーダーカーテン サイズ オーダー 洗濯 安い 格安 1cm刻み 色 豊富 遮光1級カーテン 寝室 リビングカーテン 生地 販売 カーテン作り 大阪 カフェカーテン アイボリー クリップ シャワーカーテン 生地 カーテン 北欧 カーテン 遮光 遮光カーテン カーテンレール カーテン 遮光 1級 ブラインド ウッド ブラインド カーテン 浴室用 木製 ビス不要 掃除 クリーナー 小窓タイプ ロールスクリーン 遮光 ロールカーテン つっぱり プリーツスクリーン 目隠し ミラー レース オーダー 和風 アルティス 小窓 アルテリア アルミブラインド 無印 電動ブラインド シルキー 窓 デメリット ハニカムブラインド ブラインドボックス オーダーブラインド 浴室用ブラインド 和紙 縦型 バンブーブラインド ウッド バーティカルブラインド ベネシャンブラインド インテリアメーカー 激安ブラインド トーソー メーカー 比較 インテリア 評判 和風ブラインド 遮熱ブラインド ローラーブラインド 木のブラインド ブラインドクリーナー ブラインドの掃除 掃除方法 紐 交換 ベネチアンブラインド TOSO(トーソー)激安 カラーブラインド 家具 ネットショップ ブラインドシェード グッズ カタログ ロールスクリーン 木目調ブラインド 採光ブラインド 間仕切り ブラインドウ オーダー ブラインドスクリーン ブラインドコード オフィス ブラインド ブラインド昇降コード 横型ブラインド 突っ張り棒 調光 夏 西日 コンパクト カーテン カフェカーテン アイボリー 遮光 遮光カーテン カーテンレール カーテン ブラインド ウッド カーテン 浴室用 木製 小窓タイプ ロールスクリーン ロールカーテン トーソー オーダー 和風 かわいい 小窓 ブラインド TOSO(トーソー) ウッドブラインド ブラインドカーテン 木製ブラインド バーチカルブラインド 縦型ブラインド ブラインドリベット 掃除 カーテンレール 取り付け 木製 ニチベイ カーテン 価格 ロールブラインド 激安 浴室 縦ブラインド 外し方 toso トーソー 出窓 和室 通販 修理 ショールーム クールブラインド 天窓 遮光ブラインド ブラインドクリーニング インテリア専門店 ホワイト ブラインド販売 ウッドブラインドカーテン 幅 シルキーブラインド ブラインドの紐 防音ブラインド 縦型ブラインドカーテン tosoインテリアブラインド カーテンとブラインド ブラインドー アルミ ブラインド オフィス 外部ブラインド 窓まわり 格安 木製ブラインドカーテン バーチカル 新築 タテ型ブラインド 激安ウッドブラインド 電動 突っ張り 値段 ブラインドの修理 diy 株式会社 ニチべイ 窓周り ブラインドチェック 会社 窓のブラインド 竹製ブラインド 昇降コード 窓のインテリア インテリア商品 ブラインドとカーテン 布製ブラインド プリーツブラインド

この投稿をInstagramで見る

 

上岡 秀之(@shushi_u)がシェアした投稿


なんだか、人間性をかなぐり捨てて、仕事をする毎日。今日は、久々に早めに帰宅しました。さすがに疲労にはあらがえない。。。

学生時代は、「人間学」という授業が必須だったこともあり、人間性=ヒューマニズムという言葉がこの10年ほど、潜在的なキーワードになっていますが、久々に辻邦生全集を手に取ったときに、なにかこんも数年間巧く触れることのできなかったものに改めて再会した気がします。還るべき場所の匂いをかすかに感じたような気さえします。

昔のことを思い出すことは時に嬉しく、時に哀しく、時に辛いものではありますが、最近は、幼き頃のことを思い出すことに、痛切な想いを感じることがあります。すでに時間的に隔絶した場所に郷愁を感じることは、戻らぬ時の不可逆な残酷を感じるものです。あの日々に嗅いだ空気や、用水路の風情、ポプラ並木の青々と茂る感じはすでに喪われ、記憶というケースの奥深くにしまい込まれているわけで、それは、おそらくは思い起こすときに時間や空間の隔絶を超克したものではありながらも、現実世界にはもはや存在しないという冷厳たる事実があるわけです。

もはや、記憶と現実は平坦になっているわけで、だとすると、想念と記憶だけがこのせかいではないか、戸さえも思ってしまったり。いや、むしろそちらの方が真実ではないか、ともおもいながら、とはいえ、物理的な身体の疲労や経年に伴う様々な相違というものは、やはり無視しがたいもので、想念と記憶と現実は、どれが正しいと言うより、どれも正しいという三位一体なのか、ということを考えたりしています。

そんな世迷い言を気にすることなく、東京地方には春が訪れたようで、この週末は写真のように青々とした空に、春の柔らかく暖かい日差しが沸き立ち溢れていて、こうやって波のように季節は巡り、あるいは、寒さも暖かさも、波打つように、日常に流れ込み、私が楽しみにしている夏至と、あるいはその先の、盛夏へといたるのだろうなあ、と思います。

自然の回転と揺れ動く波を感じて、ただひたすらに、その場その場に打ち込むという日々が訪れることのを待ちたいと思います。

それではみなさま、おやすみなさい。グーテナハトです。

Miscellaneous

最近、街角ピアノがはやっているようで、近所の駅にもピアノが設置され、そばを通るたびに、ショパンやらベートーベンやら、あるいは、オリジナルの音楽、ゲーム音楽などが弾かれているのを耳にしていました。

で、今日、近所の公共施設に行きましたら、そこにアップライトのピアノがありまして、しらっと、弾いてみると、いやあ、本当に音が良くて、いいなー、と。

家には電子ピアノがありますが、質感が全く違うわけで、まあ、古いアップライトなので、そんなにも上質戸はいえないのかもしれませんが、なによりも本当のピアノが出す倍音の豊かさというのは筆舌に尽くしがたいものがあり、これは、普段からピアノを弾いておられる方にとっては当たり前なのかもしれませんが、限られた空間で生きている身にとっては、甘美な経験でしかなかったわけです。

これはもう、なにか懐古的な感情なのか、本物を求める感情なのか、それはよくわかりません。

ピアノを置ける家に引っ越したいなあ、と思ったりもしますがどうでしょうか。

ということで、そろそろ二月も終わってしまいます。今日の東京は暖かな風情で春を感じさせました。世界が平和でありますように。。

それではおやすみなさい。グーテナハトです。

Miscellaneous

久々の仕事のない一日。申し訳ないですが朝は惰眠を貪り(たまにはお許しください)、午後は所用で外出しました。

今日は内田光子と、ブルックナーの緩徐楽章を聴く一日でした。

仕事ばかりしていたので、オフになるといろいろなことを思い起こしたりしますが、まあ、肩の力を抜いて、適宜やっていくぐらいじゃないと、物事巧くいかないなあ、ということを感じます。昔なら、考え抜かないと正解にたどり着かない、と思っていたものですが、逆に考え抜くと、失敗するなあ、というのが最近の感覚です。といいながら考えはするのですが、ほどほどに、ですね。

すべてはニーバーの祈りですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A

変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。
変えるべきものを変える勇気を、
そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えてください。

昔、ドイツ語版のこの文章をカリグラフィーで見たことがあり、大変感銘を受けたことを思い出しました。ドイツ語だとかっこいいのです。

Gott, gib mir die Gelassenheit, Dinge hinzunehmen, die ich nicht ändern kann,
den Mut, Dinge zu ändern, die ich ändern kann,
und die Weisheit, das eine vom anderen zu unterscheiden.

うーん、オペラの歌詞みたいです。カプリッチョの歌詞みたいだ。。

世界は、いくばくかきな臭いのですが、できることは、平和を祈ることだけです。

それではみなさま、おやすみなさい。グーテナハトです。

Miscellaneous

つれづれな日々が続きます。とにかく、なにか、ひたすらに打ち込む日々、という感じ。世界がぐるぐるとまわり、変貌している感じがします。

この数日は、ブルックナーの緩徐楽章を聞くことが多く、特に、久々に涙がでたのが、アバドのふるブルックナー交響曲第一番第二楽章。

最近まで、ハイディンク盤で聞いていたのですが、アバド盤を聞いたところ、神韻を感じるほどでした。

この絶妙なテンポコントロールは、手を小刻みに揺らし、口を少し開き、遠くを見遣る目でオケに対峙する恍惚としたアバドの風情をそのままに感じるのです。

先日も書きましたが、すでに、なにか、人生全体を掴んでしまったように思え、こうした現世の喜びを感じることに鈍くなりつつあるなかで、久々に、まるで梅のつぼみが黒々とした枝につくのを眺めたような、そんな風情を瞬間に感じたのでした。

最近は、現世よりも、なにかその外にあるものの、淡い気配のようなものに感じいるようなこともあり、ただ、そうした気配は、今までは音楽のなかで感じていたはずなのに、そこにその気配を感じることがなくなり、それがまた、音楽全体を掴んでしまったように覚える原因でもあるのですが、何か、この音源のなかに淡い気配を感じたのでした。

ですが、その気配は、まるで、花が散るように、霧のなかへ去り、また、黒々とした枝の生い茂る、現世の中へと戻ってしまうことになるのです。

そのときの無常感は、なにか、美しさや感動が惰性に負けてしまうやうな、あるいは、花が手折られたやうな、辻邦生なら、暗い窖とでも表現するやうな、そうした、巻き戻せない無常を感じたのでした。

音楽は、容赦なく進み、いつかは終わりを迎えますが、奏でられ、聴かれる事を繰り返すことで、そこに新たな意味が立ち現れ、音楽の記憶のなかに組み込まれていきます。せめて、そうした豊かな輪廻のなかで、あるいは、はかない無常のなかに、拠るべきところをもう一度見つけたい、と思うのです。

それではおやすみなさい。グーテナハトです。

Miscellaneous

松の内も過ぎ、2022年も本格始動。昨週には、新年早々乗り切った仕事のプレゼンも終わり、淡々たした週末を過ごした後に、今日は故あって休日出勤。ただ、お昼も出て、いつもよりはやくかえれるのでありがたいことです。

人生も折り返すと、なかなか新たな体験経験に恵まれる可能性もも少なくなります。さまざまな情報に曝露されていると何事にもそうそう驚くこともなくなります。良いことなのか悪いことなのか。

テクノロジの進歩も、なにか予想通りの感覚もありますし、音楽も、嗜好に合う音楽はほぼ聞き尽くした錯覚に陥ることがあります。

とはいえ、新たなテクノロジの可能性に触れることなくしては仕事を続けることは出来ず、また音楽も常に聞き続けないと生きていけません。テクノロジと音楽には助けられてここまで来ているわけで感謝しかありません。

あるいは活字も。かつてのように、車中で文庫本を読むことは少なくなりましたが、Kindle本を肌身から離すことはありません。

活力に溢れ、さしあたりは動いてはいますが、なにか空疎な感覚にも苛まれます。

疲れているわけでもなく、逆に、動くのを止めるのが苦悩につながることもわかっていますので、粛々淡々と動き続けるわけですが、それはそれで、やはり砂を噛むような感覚は否めません。

まさに、ここで必要なのが、辻邦生のいう「生きる喜び」でなければなりません。雲が行き交い、花々がベランダに咲き乱れ、夕陽がビルを照らし反射して、まるでいくつもの太陽に囲まれているような時に感じる浄福感。目を挙げて植木を見やると冬なのに淡い緑の新芽が出ているときの喜ばしさ。こういう世界の美しさに目を向けることが、迫り来る黒黒とした虚無と戦う、ということなのだと思います。

何か、落ち着いた静かな光に満ちた世界のなかで、晴耕雨読のような生活を送る、という幻想。それは、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」の第二幕冒頭で、中国の大臣たちが憧憬する生活を思い出します。そんな静かな世界で本に囲まれ、知らない世界に迫りたい、という儚い思い。

私はホーナンに家を持っている

青い湖があって

そこは竹に囲まれている

トゥーランドット 第二幕

言葉の力は強力です。静謐なトゥーランドットの大臣の家のように、あるいは、辻邦生が描く、南仏の風景のような光に満ちた世界がきっとわたしにも訪れることでしょう。

Miscellaneous

新年となりました。

とにかく、昨年は文章を書けず、やれやれという感じでしたが、今年はピッチ変えないと後が続かないな、とひしひしと。

会社でチャートばかり作っていると文章で表現することの重要性を忘れてしまいそうになりますし、心も荒みます。文学、哲学にもう少し向き合う時間を増やさないと、道を間違えそうです。今年はそういう本を読みつつ、文章を書く仕事も増やさないとなあ、と思います。ここに書くことも少し幅を拡げても良いのかもしれないとも思いました。

今年も皆様にとって良い年でありますように。

Miscellaneous

師走押し迫る冬空で取った一枚。

辻邦生「春の戴冠」を読むと、語り手ロドリゴの父で実業を営むのマッテオが、暗い窖への転落を恐れ必死に学問に打ち込む姿が描かれていましたが、なんだかそういった気分がよくわかる年頃になってきた一年間でした。

にしてはあまり書くことはできませんでしたが、仕事系で、ひたすら書き続けた(いや、チャートを作り続けたということになりますが)一年だったりしました。

まあ、いろいろありましたが、来年はおそらくさらに良い年になるようですので、引き続き攻め続けてみようか、と思います。

どうかみなさまもよいお年をお迎えください。

 

 

Miscellaneous

冬至となりました。

冬至は、再生の日のような気が致します。太陽の光が弱りながらも、ふたたび力を増す境となる日です。

人生もやはり誕生と再生の繰り返しなんだろう、と思いますが、そんなことを思いながらこちら。クライバーの運命を。

https://music.apple.com/jp/album/beethoven-symphonies-nos-5-7/880709749

運命は円環です。誕生から死へ。そしておそらくは新たなる生へ。太陽の光のように周り巡るもの。

冬至は再生へのスタートと思います。

それでは。

リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146

Edward William Elgar

https://music.apple.com/jp/album/elgar-sea-pictures-the-music-makers/1508002132

いやー、エルガー、素晴らしいです。

The music makerというオラトリオ。自作の引用など交えながら、音楽家を語る楽曲。

今般、初めて聞きましたが、優美で豊かな楽曲で、決して手に届くことのないアルカディアの風景という感覚。手に届かない、というところがポイントです。

途中、あの甘美なニムロッドのテーマが登場し、それも楽詩を伴うもので、通勤中に、お、と思いました。神的な邂逅を感じます。第五曲に登場。

これ、大切な時に流して欲しい曲です。安息と静謐しかありませんので。

それでは取り急ぎ。

リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146

リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146:私たちはファッションを愛するために存在しています。私たちは個性を高めることを信じています。 超格安価格,【おトク】,魅力的なリリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム それぞれの暮らしの中で大切にしている「時」 をクローズアップ カーテン リリカラ オーダーカーテン &time アンドタイム PLAIN COLOR PALETTE CP05 ボトムボーダースタイル 形態安定加工 TM-54135~54146